スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮(クン)~突然の告白!まで。

宮(クン)の4,5巻(7から10話)の内容を、やっぱり主観たっぷりでシン君&チェギョン中心にレビュー。

花男でいうところの花沢類なユル君は、母親想いでもあり、キュートな笑顔と細やかな心遣いにきゅんときます。
私のお気に入りシン君は、美しい立ち居振る舞いにほれぼれ。キレイな鼻筋を見てたら彼を知りたくなったというチェギョンの気持ちがわかるv
シン君の袖が長めなトコと時折胸元が開きすぎるトコにも萌え。とにかく手足長くてキレイ。


第7話 皇太子の初めての経験!

一生懸命ミシンでなにやら製作するチェギョン。
なんとシン君の写真を頭の前後に配したでっかい人形ですv

「シン君は笑顔が素敵 もっと笑ってよ」と人形をみせるチェギョンですが、遊んでないで勉強しろ!と怒られる~。
「最低男!」と人形に怒りをぶつけるチェギョン。かわいい。それを隠し撮りしちゃうシン君これまたかわいいv

さてホームシックな妻のために、チェギョンの家へ社会勉強に行くことにしたシン君。大喜びのチェギョン。優しい皇太子さまだ~。とっても楽しい二人でお泊りのスタートです。

普通の民家に入るとほんと窮屈そうな長身のシン君。一方、シン君のあまりのカリスマオーラにまともに会話できないチェギョンの家族(笑) かみあってません。
シン君の理解されない冗談を「時々寒いジョークを言うの」と、とりもつチェギョン。ほんとに奥さん。
なぜかチェギョンの部屋で二人で眠ると言い張るシン君。
いつもと違うラフなパーカー姿で背後からぎゅっとvぎゅっと!密着度100%で

「寝るのは二人なのに シングルベット」

なんていわれた日にはチェギョンじゃなくてもムラムラ(笑)
「退屈だった人生にいいオモチャができた」と楽しそうなシン君。どっちが床で寝るのか!ベッドの取りあいが始まりますv
無性にシン君の背中に抱きつきたい衝動に駆られるチェギョンが面白いです。顔が呆けてますよっ><
”意外にいちゃつく夫婦!”(笑)
初めてのサンチュ体験も楽しそうなシン君。サンチュ摘みはチェギョンに叱られ放題。食べる姿も上品でした。
辛ラーメン卵入り食べたい、とかかわいいシン君。洗い物は俺がやるとか素敵なシン君。そして後ろから抱きつきたい症候群のチェギョンちゃん。
その後家族とゲームを楽しむシン君。すっかりなじんでv好青年だわ。ここでしっぺを覚えるシン君。痛がる様が、ほんと温室育ちを思わせます。王子。


長くなるので続きは追記で!!
第8話 2人の王子の間で…

常に白いくまを抱っこする王子にきゅん。なんて似合うんだ。。くまを抱っこなんて、満たされない母の愛への反動でしょうか。

ひとつの部屋でどきどきな日々をすごして、なんか距離が近くなったような気がする二人。
「急に襲ったりせずに 今触れよ」と背中を差し出すシン君(笑)
やっぱり背中触りたい症候群のチェギョンなのでした。

友達のようなチェギョンの家族を見て、なんだか寂しい気持ちのシン君。チェギョンの明るさがそれを癒しますvシン君も宮中のことはなにかとフォローしてくれるようにv
さて、シン君の秘密の隠れ家を見つけちゃったチェギョン。うっかり二人で倒れこんでい~い感じのところでヒョリンからの着信~。ちょっと怖いぞ!?

「王位継承をやめればシンは重責から逃れられる シンを助けるのよ」などとユル君を促すヒョリン。ユル君のお母さんの後押しはどこまで影響しているのか!?ユル君の王位奪還への道が開けてくるの?暗雲立ち込めてきました。。

ユルとシンが打球の最中落馬してしまいます。シン君の方に大勢人が駆け寄るのを見て、心配しながらもユル君に駆け寄ったチェギョン。
シン君はそんな二人を見て「だめだ そいつは駄目だ」とつぶやきます。

シン君を心配して写真室までやって来たチェギョンですが、シン君に拒絶されます>< シン君は左手を怪我しています。。たくさんヒョリンの写真があるこの部屋でシン君はなにを思っているのでしょうか。
タイ訪問が決まった皇太子夫妻。でもシン君は一人で行くと決めてしまいます。しょぼん。


第9話 宣戦布告!!

置いていかれたチェギョンはなんだか寂しくって不安で・・・ユル君に駆け寄ったことを後悔したり。。シン君のくまに服着せて背中に寄り添ってみます。かわいい。
シン君は一切連絡をくれずさすがの元気っ子も弱気に。

シン君はタイでヒョリンと会います。公務の合間にこっそり抜け出したシン君は楽しそうです。ヒョリンも積極的で、最後はキスまで!さーパパラッチがこわいぞー
一方の傷心のチェギョンはユル君とこれまたこっそり遠出。ユル君の手作り弁当~。

「つらそうだ シンのせい? 僕ならキミを大切にする」

「シンが好きなの でも あなたと先に出会ってたら片思いしてたかも」
なんてユル君に酷な告白なんでしょう・・・。


第10話 突然の告白!

ユル君と黙って出かけたことで厳しく叱られるチェギョン。泣き泣き。

「母さん 僕を皇帝の座に」
なんだか火がついちゃった模様のユル君。

「キミの笑顔のためなら ずっとそばにいる」
こんな言葉を頬をなでながら言われたらさすがに照れます。。ユル君の本気。
そして学校に勉強に公務になんとかがんばるチェギョン。ユル君が助けてくれます。

「理由がなくても 助けてくれるのね」というチェギョンに、ついにはっきり言っちゃうユル君。

「キミの最初の許婚は僕だった 運命が変わらなければ キミの夫は僕だった」
あらら大変。シン君たらなにしてるの、もーー。相変わらず連絡のないまま、タイ公務を立派に務め、やっとシン君帰国。
なんだかもう姿を見ただけで涙のチェギョン。文句たらたらv

「次からは 一緒に行こう」
とチェギョンを抱き寄せるシン君なのでしたvv

でもやっぱり最後はケンカ(笑)仲いいんだか悪いんだか。
人形に怒りをぶつけるチェギョンのかわいいことったら。
「反省がたりないわ」と遠巻きにシン君へ抗議~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleようこそ♪sidetitle
◆ご訪問ありがとうございます♪
◆雑多に記事を書いていますので、下のカテゴリーで選んでいただくのがオススメです。

◆切り絵部屋はこちら
くうの切り絵部屋。
sidetitleカテゴリー♪sidetitle
sidetitle愛♪sidetitle
タイバニは虎徹LOVE♪平田広明さんをこよなく愛してます^^
sidetitle愛2♪sidetitle

乙女ゲームはオトメイトに依存中♪

sidetitlefavorite♪sidetitle

音泉。
アニメイトTV
CLAMP


登録中のサーチ♪

黒ファイbook mark
緋色の欠片検索
にほんブログ村 イラストブログへ にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

sidetitleAbout♪sidetitle

かよう or くう(好きな方で呼んでください^^)

Author:かよう or くう(好きな方で呼んでください^^)
◆ゲームは美形キャラ至上主義!引き続き。
◆嵐は長男至上、櫻葉萌え。
◆セキセイインコを飼育中。

◆かようのイラストサイト


◆くうの切り絵ブログ
くうの切り絵部屋。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

since 2006/9/8

sidetitleラブなブログやサイト様♪sidetitle
sidetitleコメント感謝♪sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。